安心感・信頼感で選ぶ!ローヤルゼリーサプリメント比較ランキング

このページではローヤルゼリーサプリメントを安心感・信頼感という点から比較、評価の高いものをピックアップしました。

 

毎日摂りたいサプリメントだからこそ、安心感のある、信頼感のあるローヤルゼリーが欲しい!という方も多いですよね。なので、そのサプリメントが安心感・信頼感のためにどういった取り組みがされているのか?という点からランキングにしてあります。

 

取り組みの意味や基準についても合わせてまとめてあるので、比べる時の材料にしてみてください。

 

山田養蜂場ローヤルゼリーキング

ローヤルゼリーキングの特徴
  • ISO22000取得!GMPも2つの機関どちらからも取得済!
  • ローヤルゼリーの採取状況を全て記録
  • 公的機関も含めた8回の品質検査
  • 飲み合わせ相談サービスも実施

価格 6,800円(単品購入)

5,715円(定期購入)
1,000円(お試しセット)

評価 評価5
ローヤルゼリーキングの安心感

安全面に対して徹底していてISO22000を取得、2種類ある機関のGMPをどちらも取得済みという徹底ぶり。原料であるローヤルゼリーも全数検査という全てチェックする方法(通常検査というと抜き取り検査というランダムに一部だけをチェックする方法が採用されています)なので、安心感はバツグン!飲み合わせ相談などサポート体制もしっかりされているのも安心できるポイントですね。1,000円のお試しセットがあるので、興味があるならまずは自分に合うかどうかお試しセットを取り寄せてみて下さい。

 

 

 

サントリーウエルネスローヤルゼリー+セサミンE

ローヤルゼリー+セサミンEの特徴
  • FSSC22000取得!国内GMP認定工場で製造!
  • 現地での原料の品質管理から、製造、配送まで徹底した品質管理
  • 専門的な資格を持ったスタッフ・研究員が支援する、お客様センターのサポート体制
価格 5,500円(通常購入)

4,950円(定期コース)

評価 評価5
ローヤルゼリー+セサミンEの総評

大手サントリーから発売されているローヤルゼリー+セサミンE。もちろん有名だからというだけでなく、安心感・信頼感のために徹底した品質管理がされています。FSSC22000、GMP認定はもちろん、原料の段階から商品の配送に至るまで厳格に管理されていて安心感はバッチリ。セサミンも入ってオトク感があるので、ローヤルゼリーと一緒に健康成分が摂りたい!という方なら、こちらがオススメです。

 

 

 

ローヤルゼリー粒ゴールド800

ローヤルゼリー粒ゴールド800の特徴
  • ISO22000取得!
  • GMP認定工場で生産!
  • 累計1000万パック超の人気!

価格 3,000円(通常購入)

2,850円(毎月1袋定期購入)
8,075円(3ヶ月毎3袋定期購入)

評価 評価4
ローヤルゼリー粒ゴールド800の総評

ISO22000を取得していて、品質、安全性に関しては間違いなし。サプリの加工工場もGMP認定の工場なので、安心感が違います。累計1000万パックも売れている理由が分かりますね。お手頃な価格なので、安心できてかつ続けやすいものを、というのであれば、やわたのローヤルゼリー粒ゴールド800がおすすめです。

 

※全て税別表記

販売ページで見かけるGMPとかISOって何なの?

サプリメントの販売ページを見ていると、
GMP認定工場で生産しています!
ISO22000を取得しています
なんて表示を見かけたことありませんか?

 

今回信頼性で比較する上でもISOやGMPを基準にしましたが、これについて少し解説しておきますね。(といっても私も専門家ではないので、徹底的に調べたものの間違いがあるかもしれません)

 

GMPとは?

Good Manufacturing Practiceを略した言葉で、適正製造基準という意味。医薬品、健康食品、添加物でそれぞれの協会が認定する。

ISO22000とは?

食品安全マネジメント・システムの国際標準規格。HACCPをベースとしてISO9001に食品衛生管理を取り入れたシステム。GMPとは違い、サプリメントだけでなく1次産品(養蜂で考えるなら生ローヤルゼリーやはちみつ等)も認証の対象となる規格。

ISO9001とは?

品質マネジメント・システムの規格。ISO22000は『食品安全』に対するもので、ISO9001は『品質』。GMPと似ているが具体的な要求事項は記載されない。

FSSC22000とは?

食品安全マネジメント・システムの一つ。ISO22000とほぼ同じ。違うところはすべき項目がより具体化されている点で、ISO22000よりも食品安全対策についてより厳しく定められている。

 

GMPは『製品を均一、かつ安定的に作る』というのが目的のようです。医薬品に対する基準が非常に厳しい一方、健康食品や添加物に関してはそれほど厳しくないようです。あくまで均一な製造が目的で安全性に関するものではないというのがポイントですね。

 

また各国で基準を設けていて、日本の場合2つの協会が認定しています。それぞれの協会で多少認定の厳しさが違うようで、しっかりと統一しないと意味がない!という意見も見かけました。(事実GMPを取得しているのにサプリの表記ミスをする会社があったりするようです)

 

 

ISO9001もGMPとほぼ同じ目的。ですが、細かい要求事項の記載はない=手順が書かれているわけではないというのが差のようですね。最近はISO9001よりも、ISO22000やGMPを出している所が多いのであまり気にしなくてもいいと思います。

 

ISO22000はその名の通り、『安全な食品を提供する』のが目的です。ISO9001の内容も踏まえています。国際規格なので、国内と国外で認定効力に差はないようです。

 

FSSCはISO22000に加えてさらに追加の項目もあり、一番厳しいようです。といってもFSSCという言葉が出てきたのはサントリーだけで、続いて山田養蜂場がこの基準に対応できるレベルを目標に・・・という記述があったのみでした。(実際に他のサプリを見ていてもFSSC22000を取得しています、なんて記述はほぼ出てこないはずです)

 

 

という違いがあるんですね。(ややこしいです。。。)なので、今回はISO22000認証かどうか?次にGMPを取得している国内工場で製造されているかどうか?そして原料の産地や加工工程に関してしっかり情報を出されているかどうか?をチェックして信頼感のある商品として取り上げました。

 

GMP認定に関してはあった方がもちろんいいですが、GMP認定工場だから絶対安心!ではなく、ないよりはあったほうが信頼感があるよね、ぐらいの認識でいた方がいいでしょう。

 

ここで取り上げたものは全て安心感、信頼感のある間違いないものです。後は価格や口コミなどを参考に自分に合ったものを選ぶようにして下さい。

 

参考:GMPとISO22000の違い